AST 一般社団法人 全国技能実習監理団体連絡会

全国技能実習監理団体連絡会へのご加入03-3437-2043

事業内容

ASTとは

技能実習生イメージ  一般社団法人 全国技能実習監理団体連絡会(AST)は、日本政府の行う外国人技能実習制度につき、根拠法たる「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号。以下「技能実習法」という。)」に則り、法務大臣と厚生労働大臣の許可を得て、外国人技能実習生の受入にかかる監理事業を行う全国の監理団体が、各々が有する監理事業に関する情報やノウハウを共有し、個々に行う監理事業においてそれらの活用をはかることによって、外国人技能実習生並びに外国人技能実習生を受け入れる本邦事業者(実習実施者)に対し行う監理事業が、より適正かつ発展的に実施されるよう、全国の監理団体に対し支援、指導及び啓蒙の活動を行う法人です。

 ASTは、各種事業を通して、監理事業の普遍化を実現し、社会的価値を向上させるとともに、外国人技能実習生が、日本の復興、躍進の原動力であり国力の礎でもある技術・技能を習得し継承していくことで、将来世代が産業立国たる日本でより一層の繁栄を享受し、さらなる平和と発展を全世界的に実現していくことができる社会基盤を築くことを希求し、その実現のための調査研究、政策提言、情報発信の事業を実施します。

ASTの事業

(1) 全国の監理団体に対する監理事業にかかる相談及び助言の事業
(2) 全国の監理団体に対する外国人技能実習制度に関する情報の収集と発信に関する事業
(3) 全国の監理団体に対する監理事業にかかるセミナー等の開催の事業
(4) 全国の監理団体に対する外国人技能実習制度の適正運用に関する取組を推進するための実習実施者や地方公共団体等とのネットワークの構築と関連事業
(5) 全国の監理団体が行う外国人技能実習制度における監理事業にかかる政策の検討並びに施策や事業の立案と発信
(6) 全国の監理団体の運営全般に関するコンサルティング事業
(7) 外国人技能実習制度に関する調査研究の事業
(8) その他当法人の目的を達成するために必要な事業