AST 一般社団法人 全国技能実習監理団体連絡会

全国技能実習監理団体連絡会へのご加入03-3437-2043

代表挨拶

代表理事イメージ 【代表理事 会長 畑 光 プロフィール】
1933年1月5日 神戸生まれ/ 1955年3月 慶應義塾大学法学部卒業/ 1957年11月 行政書士登録/ 1959年〜1973年 行政書士のまま国会議員秘書を務める/ 1975年 行政書士専業となる/ 1996年( 社)国際行政書士協会会長−現在に至る/ 2005年6月〜2009年5月 日本行政書士会連合会国際部長/ 2005年6月〜2011年6月 日本行政書士政治連盟会長/ 2011年〜2013年 同名誉会長

 2016年の春に入管法が改正されて、技能実習生のための法律が施行されることとなり、入管法の中の技能実習の仕組みが大幅に変更になり、そして監理団体が許可制度になり、法務大臣と厚生労働大臣の許可が必要になりました。

 この立法の過程を見ていますと、技能実習生の送り出しや、受け入れの態勢に色々な問題があることがわかってきました。
 私は行政書士として30年に渉って入管申請に関わってきましたが、昨今、技能実習生が途中で逃げ出してオーバーステイになり、帰国することも出来ずに不法に就労し、その就労の場で日本人と知り合いになり、「在留特別許可」で引き続いて日本に滞在したいという案件が舞い込んでくることが多くなってきていました。
 そこで当事者によく事情を聞いてみると、日本に来る前にブローカーにお金を渡して(借金をして)来日したため、その返済に困っていることなどが判明しました。

 その他、色々な技能実習生をめぐる問題点が少しずつ判ってきましたので、技能実習生受け入れる最前線の監理団体の協議をする場が必要だと考えるに至ったのです。
 知人の監理団体の理事長さんたちに話を持ちかけ、一方で政治家の方々にも説明をして廻り、一般社団法人全国技能実習監理団体連絡会の設立にこぎつけました。

   折角の技能実習制度を活かし、外国の送り出し機関にも感謝される制度にしたいものと思います。

一般社団法人 全国技能実習監理団体連絡会
代表理事 会長  畑 光